「葉酸」はビタミンの一種

「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれていますよね。フルーツでは、イチゴが有名です。
あまり耳馴染みが無いかも知れませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと紹介されていますよね。他の果物では、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。
元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても良いですね。
妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、日々の生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)に追われていると、摂取が不十分になってしまう、などの困りごとが出てくることもありますよね。こうした悩みを解決するために、ぜひおススメしたいのがサプリメントなんです。
サプリを飲めば、食生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)に負担をかけることなく理想的な葉酸量を補ってくれますので、普段の食事では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も安心できますよね。妊娠をきっかけに産婦人科等で行なわれる栄養指導をうける方や、母親学級で説明をうけた方も多いと思いますよね。多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思いますよね。一般的に、葉酸を多くふくむ代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。あるいは、野菜も代表の一つですね。
普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、熱に弱く溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思いますよね。私の話なのですが、妊活をしていた当時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。
一人目に男の子を産んでいたので、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲さいされていたので、それを見ながら産み分け法を実践しました。
妊娠が発覚した後、性別が判明する時までは少し心配もしましたが、赤ちゃんが女の子でしたから、主人もすさまじく喜んでいました。
産み分けのおかげだと思っていますよね。妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が必須です。では、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が無くてもいいのでしょうか。
妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そんなことはありません。
胎児が先天的な障害を発症する可能性を低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が注意が必要な期間ですので、オナカに赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。
野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、こまつな、菜の花などの青菜と呼ばれるものが該当します。妊娠が発覚してから、早めにこれらの食材を摂取することによって、オナカの赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があると知られていますよね。
とはいえ、毎日あまたの野菜を摂取するのは大変ですよね。
そんな時には他の食材で補っても構いません。例えば納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取をおすすめしたいです。
あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。葉酸は、適切な摂取によって胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げることが判明し、そうした目的から妊娠初期の妊婦さんに対して、積極的に摂取するように厚生労働省が推奨している成分なのですよね。とはいえ、つわりや体調によっては、食事での摂取が難しい、なんてこともあると思いますよね。
そんな時には、無理に食べ物から摂取せず、葉酸サプリメントに切り替えることで不足しがちな葉酸持ちゃんと摂ることが出来ますから、こうしたものを使うのも良いと思いますよね。上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行きはじめました。夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、くどく言うと怒られそうな気がしたので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、そう簡単には妊娠できず、姉に勧められた葉酸サプリを飲みはじめました(すさまじく高いらしいです)。
私はラッキーだったのか、早々に下の子を授かりました。