中小企業診断士

転職の際、一般的には、資格の中でも有利だと思われているものに中小企業診断士があります。

中小企業診断士の資格をとることで、経営知識が豊富であることを証明できるため、その会社にとって貴重な存在であると思ってもらうことができます。法律のエキスパートである行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。
転職の際に必要とされる資格というものは、専門職以外ではあまり多くはないようですが、取得している資格が有益に働くという点では、やはり、国家資格が手堅いようです。中でも、土木・建築系では建築士のような「業務独占資格」と呼ばれているそのような資格を持っていないと実際に業務につくことはできないというような仕事が多いものなので、狙いどころかもしれません。
転職したい理由は書類選考や面接において大変重要なことです。相手を味方につける理由でない場合評価が低いものとなってしまいます。ところが、転職する理由を聞かれても上手に言えない方も多いはずだと思います。たくさんの人が履歴書を書く時、面接を行う時に、苦労するのが、この転職理由です。

「生産性を優先して仕事を進めていきたい」、職務にやりがいを感じられず辞めた場合は「新しい職場で向上心をもって働いていきたい」良くない印象を与えません。辞めた理由がネガティブであっても言い方を変えれば、良好な印象を与えるものになります。履歴書に書くことを考えると、200字以内にまとめるのが理想として、少なくとも150字以上は書きましょう。

転職をする際に求められる資格は、専門職以外はそこまで多くないようですが、持っている資格が有利に働くという点では、やっぱり、国家資格が強いでしょう。

それから、建築や土木系だと、建築士などに代表される「業務独占資格」と言われる、該当の資格を取得していないと業務ができないといった仕事がかなりあるため、狙い目となっているかもしれません。